目にあるクマは老けて見えるもの|的確な治療で消す

女医と看護師

さまざまな美容整形

目元

目のクマを治療する方法はヒアルロン酸注入法、脂肪除去法、色素沈着法などがあります。それぞれには特徴がありますので、しっかりと把握することが大切です。茶クマにはレーザートレーニング、赤クマには脂肪除去法が有効です。

もっと見る

老けて見える顔の悩み

笑顔の婦人

黒ずみの原因と対策

ある人の目元を黒くさせると10歳から15歳も年齢が上に見られるという話があります。目の下のクマは老けた印象を作り、不機嫌そうに見えるなど印象も悪くなってしまいます。目の下のクマを解消する時の注意点は、クマには種類があり、原因や治療方法も違うことです。よく見られる青いものは寝不足や血行不良が原因ですが、黒っぽいものは色素ではなく影で黒く見えるのが原因です。茶色っぽいものは、メラニンなどの色素が沈着してしまっている状態です。化粧品が落ちていないものが沈着した場合や、目の周りをよくこすっていることで皮膚が黒ずんでしまうケースもあります。美白の出来る化粧品や、たるみを解消する方法で影をできなくさせるという治療方があります。

顔の印象を決める部分

クマ解消の方法はメイクで隠す方法があります。コンシーラーを厚塗する方法が一般的です。しかし根本的な治療ではありません。青いクマは目の周りの皮膚が薄いため、皮膚の青い内部が透けて見えることが原因です。これを解消するには目元の血行を良くすることです。治療の一つにアイマスクなどで温めたり、マッサージで滞った血液を流すよう促す方法があります。手術で色素を薄くしたり、たるみを目立たなくさせる方法もあります。レーザー手術は皮膚の内部に働きかけ、皮膚を新しく作り変えることを促すのが仕組みです。クマは老若男女全てにおいて対処すべきものになってきています。対策グッズがより販売されたり、レーザー手術がより行われるようになることも考えられます。

特徴とクリニック選び

男性医師

黒クマができるのは、眼窩脂肪が突出することで、目の下のまわりにへこみができるからです。この治療にはヒアルロン酸注入法がおすすめです。この施術は人気があるので、多くのクリニックが行っています。そのため、基準を設けてクリニック選びを行うことが大切です。

もっと見る